リッツ最強のムードメーカーとは?

スタッフ:

おはようございます。
スタジオリッツの髙橋です。



昨日はこの前内定した学生さんに内定者面談をしました。内定者面談では「採用になった理由」をお話しします。それを話して、今回採用を通して僕が感じ取ったその学生さんのイメージが、実際と差が無いか、きちんとタイプを理解できているかを確認しあったり、入社する上での心配事の解消などを1人2時間くらいします。



人によって特性が違います。僕の中では以下の4タイプに分けて考えています。



①俺についてこい!夢見るリーダータイプ
②具体的にはどうするのか?冷静沈着な参謀タイプ
③居るだけで雰囲気が明るくなる!ムードメーカータイプ
④問題点の発見が得意!現実主義のリアリストタイプ



チームはこのメンバーで初めて成り立つと思います。全員がリーダーでも、全員がムードメーカーでもダメです。なのでこれは欲しい人材像とは違います。弊社の欲しい人材像は「人を喜ばせる事が好きな人」です。人を喜ばせるのが好きという事が前提で①〜④のどのタイプかを見ているわけです。



満遍なく、バランスよく採用をします。店舗のスタッフ配置もこの考え方です。タイプによって得意な事もあれば、苦手な事もあるので、それを補い合えるようなスタッフ配置にします。



ちなみに僕は自分は参謀タイプだと思います。社長は文句なしにリーダータイプ。



そして弊社には最強のムードメーカータイプがおります。




IMG_0156




!?






お松さん(本名:松尾衣織)です。



お松さんはすごい。僕が草加舎人店で店長をしていた頃に中途入社で草加舎人店に配属されました。それまでは朝礼が始まるまで、みんな眠そうな感じで、あまり言葉を発する事が少なかったのですが、お松さんが入社してからは、朝からワーワーキャーキャー。笑 明らかにお松さんが来てからお店の雰囲気が明るくなり、みんなイキイキ仕事をするようになりました。



お松さんの十八番は自虐ネタと天然ボケの合わせ技一本です。3割くらいの確率で、しーんとなる事がありますが、だいたい受けます。しーんとなってもそれが面白いのです。



そんなわけで「ムードメーカータイプっておいw」と思ったそこのあなた、ムードメーカーもかなり必要なのです。



リアリストタイプが弊社は少ないかもしれません。リアリスト大募集。リアリストの特徴としては、それ過ぎると一般的な人よりもネガティブになり過ぎる傾向があります。なのでサービス業を志す人の中での割合が少ないのかもしれないと思う今日この頃です。



ではでは。

ページの先頭へ